注文枚数

のぼり旗の印刷は、型さえできてしまえば、何枚でも刷ることができますから、
たくさん作れば作るほど1枚当たりの単価は安くなるということになります。

しかし、単発のイベントの場合や、個人のお店の場合には
何十枚と必要なことはまれでしょう。

風の影響

その場合、当然ながら、一枚あたりの単価は上がってしまうことになります。
ですので、ある程度の金額は仕方がない・・・とあきらめないでください。

のぼり旗はある意味消耗品です。
屋外に設置しますから、風雨の影響をもろに受けますし、通行人や
自転車などとの接触も思いがけず摩耗につながります。

寿命

看板などと違い、大変に痛みの激しい商品なのです。
長くて半年程度の寿命です。
のぼり旗は定期的に掛け替えるものと考えてください。

ですので、例えば、お店の場所を示すのぼり旗など、数年にわたって
内容に変化がないと思われるものは掛け替えを見越して
数枚まとめてオーダーすることをお勧めします。

これにより、1枚あたりの単価を抑えることができますし、
今後再度注文のたびにデータのやりとりをする手間もはぶけます。


のぼり旗作りのコツを教えます:HOME