データ入稿

のぼり旗の注文はネットを介して行うところがほとんどです。
そのおかげで、安く・早くのぼり旗を作ることができるようになりました。

お客様にとっても、煩雑なやりとりがなく注文できるのは
忙しいお店の合間をぬってすることができるので、便利なのではないでしょうか。

ノータッチ

時間も気にせず注文できるので、営業時間の遅い飲食店などからの注文がさらに増えています。

しかし、このネットの注文でやっかいなのが、データ入稿です。
ほとんどのネットショップはオリジナルを注文する場合には、
このデータ入稿という形をとっています。

忙しい

これは、注文する側がデザインのデータを作成し、ショップは
デザインに関してノータッチというものです。

これによって、データ作成の手間が省かれた分、
コストを下げることができているのです。


注文側は完全にオリジナルの希望通りのものを作ることができます。
ライバル店との差別化にもこれはいいでしょう。

また、ショップ側としても、少ない人員やコストで作成できるありがたい方法です。
デザインのソフトを使える場合はいいのですが、できない場合は
別途高額のぼり旗のデザイン料を取られたりしてしまう場合も。

ご自分でするのが一番安上がりですが、もし身近にできる人がいれば
お願いしてみるのもいいでしょう。


また、サイトによってはデザイン料無料というところもありますから、
状況に応じて探してみる必要があります。


のぼり旗作りのコツを教えます:HOME